蟹の種類&美味しさの違い

越前ガニ&せいこガニの旬の時期・解禁日は?黄色いタグがブランドの証?

越前ガニとは、福井県で水揚げされたズワイガニの雄ことを
越前ガニというブランド名で呼ばれます。



そして、雄が越前ガニと呼ばれるのに対して、
雌は"せいこガニ"と呼ばれます。


よく「ズワイガニと越前ガニならどっちが美味しいか?」
と聞く人が多いですが、越前ガニはズワイガニなので、
どちらがどうということはありません。

育つ環境、水揚げされる地域が違うだけであって、
越前ガニもズワイガニなんですよ☆


越前ガニの解禁は毎年11月6日で、
越前ガニは福井の冬の味覚の王様です。

ズワイガニのブランドにふさわしく、
福井県の特産品としても知名度が高くとても人気があります。

解禁後、3月までの約5か月間という短い期間しかお目にかかれません。
その期間以外で市場に出回るものは冷凍されたものということになります。

それに比べ、せいこガニは資源保護のためさらに短い約2ヶ月間ほどしか漁がされないので、
更に貴重ですね(ノ∀`)


てことは越前ガニの旬の時期は?

漁が出来る期間が決められていますので、
つまり旬も漁が可能な期間の"11月から3月まで"です☆

ただし、これも雄のみなので雌(セイコがに)については漁の期間が短いので
"11月から1月まで"となります(^o^)/


冬の味覚の王様なだけあって「三国温泉かにまつり」や、「越前かにまつり」などの
カニのお祭りまで開かれるほどの観光の中心的存在の越前ガニ。


越前ガニは水深290から350メートルほどの場所におり、
越前海岸あたりの厳しい寒さと独特な地形が、カニが成長するのにとてもいい環境を作り出しているため、
全国的にも有名なズワイガニのブランドである越前ガニとして水揚げされるんですね(*^。^*)


脱皮したばかりの越前がにも、ひそかな人気☆

越前ガニは1年に1回脱皮をして、それを生涯で合計12回も脱皮します。
それで、どんどん大きく成長していきます(^o^)/


そして、脱皮したばかりの甲羅がまだ柔らかい状態のカニは
"水ガニ"や"ズボがに"とも呼ばれ、味は甘味が強くて水々しいのが特徴です☆

みそは少ないので、脚などの身のみ味わえます。
さっぱりとした味わいで、価格もそれほど高額ではないので、
こちらも人気がありますよ(ノ∀`)


水揚げされる港ごとのブランドの証!"黄色いタグ"

越前ガニが水揚げされる港は、三国町の「三国港」と、
小樟港や大樟港などの越前町の「越前漁港」ですね!(^o^)/

三国港の越前ガニは生きたまま水揚げされるので、
なんといってもカニの味は鮮度が左右するので、
美味しい越前ガニがとれるんですよ☆

港から漁場が近いことから、
新鮮で活きのいい越前ガニがとれる秘密でもあるわけです。


越前ガニであるという証拠に、越前で取れたズワイガニには、
その証拠としてカニの親指に黄色いタグが付けられます♪



さらに、その裏には越前ガニが水揚げされた港の名前まで刻印されます。
この黄色いタグで、他のズワイガニと見分けることが出来るんですよ。

ちなみに、石川県と兵庫県では青色、京都府は緑色のタグがつけられます。

また、越前ガニは全国で唯一、毎年皇室に献上されているカニです☆(^o^)/
地域ブランドとしても県から認証されていて、地元の人にも愛され、
また越前ガニを味わうのが目的で訪れる観光客が多い理由なんですね☆


越前ガニ・せいこガニの味の違い・おいしさ

やはり厳しくて冷たい海の環境で育っただけあって、
身がとてもぎっしりしていて、繊維も締まっているのが越前ガニです。

味としては甘味があり、身体の大きな雄はもちろん食べごたえがありますが、
身体の小さい雌(せいこガニ)も蟹みそや卵が人気があり、外せないおいしさです(*´∀`*)

このせいこガニの内子の美味しさは一度食べたら忘れられないもの。
この味にハマる人も多いようです☆


越前がにのお勧めの食べ方って?

越前ガニのお勧めの食べ方は、やっぱりなんといってもカニ刺し
甘味があって新鮮だからこそ味わえるものですね!(・∀・)


そしてこれは定番の、茹でガニ☆
茹でたあとにほんのりとおなか部分がヤマブキ色になります。


また、焼きガニも譲れませんね。
香りも香ばしくて、私も焼きガニ大好きです(^o^)/


★関連記事★
タラバガニ
ズワイガニ(&ベニズワイガニ)
毛がに
花咲がに
松葉ガニ(セコガニ、間人ガニ、津居山ガニなど)


<<前の記事「花咲ガニ」へ
                       次の記事「松葉ガニ(セコガニ、間人ガニ、津居山ガニなど)」へ>>




蟹おすすめ通販ショップリスト

 

蟹の種類&美味しさの違い

 

本当に美味しい蟹の食べ方★蟹レシピ★

 

蟹ギフトのススメ

 

蟹 購入の極意&蟹の疑問

 

日本海へ蟹を食べに行った旅行記